« ふれコン本番&アートフェスタ貢川ファイナル | トップページ | 鰹の大和煮 »

2011年11月 6日 (日)

ハーベスタのレストア

我が家の年に一度の稲こきで活躍するハーベスタ(脱穀機)。もう27・8年使っている。
隣の家と共同で使っているが、ここ数年「今年は使えるか・・・・」と心配し、時期になると買い換話をしていた。
1年家族が食べるぐらいの田んぼの両家では、買い換えといっても、50万円以上の新品を買うのは当初から考えず、中古の物件を探していた。
今年の稲刈りも一段落したこの時期になり、隣のご主人が、ヤフオクでこれまでと同じ型の出品を見つけ入札し45000円で落札。あと10年ぐらい使えれば、もうけものということで今日取りに行ってきてくれた。

早速、田んぼで動かしてみると、エンジンの掛かりや動きは、これまでのよりもよい感じ。
しかし、カバーを開けてみると・・・・ベルトが傷みとキャタピラの多数の亀裂を発見!
これでは、使っている途中に動かなくなる可能性大。先代のベルトとキャタピラは、まだまだいけそうなので、部品を載せ替えることにした。

ベルトの張り替えは、以前やったことがあるので何とかなるかと思っていたが、キャタピラは実際にできるのか半信半疑「まあ、何とかなるだろう・・・」と根拠のない確信を信じてやってみた。

Img_0253
ジャッキアップして、テンションボルトをゆるめてみると、キャタピラが結構ゆるんだ感じになった。ゆるんだところで、キャタピラを車輪から外すことが出来るかと思っていたが、爪が思いの外長く引っかかり、外すことが出来ない。しばらく考え、スプロケットを外してしまえばよいことに気がつき見事取り外し成功!!Img_0254

取り付けはその逆で・・・・楽勝と思いきや
キャタピラが弛んでスプロケットが入らない・・・・
結構キャタピラって自重があって、弛むんです。

どうしよう・・・・

そうだ!弛ませなければいいんだ!
キャタピラの下に2×4材を敷いて弛まなくし、車輪に密着させるようにしてスプロケットを動かすと、思惑通り 見事成功!! 

Img_0256

その他メンテをして 作業終了!
物作りではないけど、大きなプラモデルを作ったような満足感
楽しかった・・・・・・

|

« ふれコン本番&アートフェスタ貢川ファイナル | トップページ | 鰹の大和煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199203/53178319

この記事へのトラックバック一覧です: ハーベスタのレストア:

« ふれコン本番&アートフェスタ貢川ファイナル | トップページ | 鰹の大和煮 »